【30代向け】おすすめの転職エージェント・転職サイト!転職が難しいって本当?

更新日:2022年9月21日
【30代向け】おすすめの転職エージェント・転職サイト!転職が難しいって本当?

「30代の転職は難しい?」

「30代におすすめの転職サービスって?」

「30代の転職を成功させるには?」

こういった疑問をお持ちの人に向け、本記事ではおすすめ編集部が厳選したサービスや、転職に必要な知識など、下記を紹介していきます。

  • 30代が知ってくべき転職事情
  • 30代におすすめの転職サービス
  • 転職サービスを選ぶ際のコツ

本記事を読んで転職に対する不安を払拭し、自信を持って転職活動に望みましょう。まずは30代が知っておきたい転職事情について見ていきます。

30代の転職は厳しい?事前に知っておくべき転職事情

30代の転職は厳しい?事前に知っておくべき転職事情

30代の転職は、転職エージェント転職サイトをうまく活用し、求められているスキルなどを把握できていれば問題ありません

30代は、ビジネススキルと社会人経験が豊富にあることから、企業に重宝される傾向があるためです。

企業が中途採用で求めているのは「即戦力」ですから、さまざまな経験をしてきている30代の転職者をあえて優遇する企業も多いです。

dodaの調査を見ても、40代以上の転職成功者が14.6%であるのに対し、30代の転職成功者は35.8%。自分のスキルや経験したことをしっかりアピールすれば、十分転職を成功させられるでしょう。

(※)参考:doda「コロナでどう変わった?転職成功者の平均年齢調査【最新版】」

「キャリアアップしたい」「給与をあげたい」「福利厚生が充実しているところが良い」など、転職成功のラインは人によって異なります。

あなた自身が納得できる、良い転職先を見つけるためには、自分に合った転職方法を選択してくださいね。

30代の主な転職方法

30代の主な転職方法

30代の主な転職方法とそれぞれの特徴を表でまとめました。

転職方法 転職スピード 失敗のしにくさ 転職にかかる手間 向いている人
リファラル採用 やや遅い 失敗しやすい かからない 入社後のギャップを減らしたい人
コーポレートサイトから
直接応募
やや早い 失敗しやすい かかる 転職サイトに頼らず転職活動を進めたい人
転職エージェント 早い 失敗しにくい かからない 時間とリスクを抑えて転職活動を進めたい人
転職サイト やや早い 失敗しにくい かかる 色々な企業を自分の目で見ながら転職活動を進めたい人
ハローワーク やや早い 失敗しにくい かからない 中小企業を中心に考えている人

どのように転職活動を進めたいかで取るべき手段は異なります。

たとえば、転職エージェントは時間や手間をかけずに転職活動を進めたい人が向いていますし、転職サイトは、条件を絞りながらじっくりと職場を探したい人におすすめです。

また、dodaが「どの転職方法を使ったか」というアンケートを2,000人に実施したところ「転職エージェントを利用した」という割合が35%と最も多かったことが分かっています。

「少ない時間でマッチ度の高い企業に出会える」「日程や条件などの調整を行う手間が省ける」などのメリットを考慮し、転職エージェントの利便性が最も高いと判断した人が多いと考えられます。

(※)参考:doda「2,000人の転職意識調査」

【30代におすすめ】転職エージェント5選

ここからは、30代におすすめの転職エージェントを紹介します。なお、以下で紹介する転職エージェントは下記のポイントを軸に厳選しました。

  • 求人の量
  • 取り扱っている業種・職種の範囲
  • 検索のしやすさ
  • サイト内の情報コンテンツの量と質

以下で紹介する転職エージェントは、求人数が多く、取り扱っている業界・職種が幅広いため、とりあえず登録しておいて損はありません。ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界内でもトップクラスの求人数を誇る大手の転職エージェントです。また、一般的には公開されていない非公開求人も公開求人と同じくらい(約27万件)あるため、エージェントに相談することで自分に合った求人を紹介してもらえるでしょう。

エージェントとの面談では、応募書類の添削や面接対策に加え、エージェントのみが知る業界・企業の情報を提供してもらえます。

転職エージェントは複数ありますが、リクルートエージェントの規模は頭一つ抜けており、選択肢の幅が広いため、登録しておくべきサービスです。

求人数
26万5,294件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、Web業界、機械・電機業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質が高い
運営会社
株式会社リクルート

type転職エージェント

type転職エージェントは「IT」「Web」「営業」などの求人紹介を得意としています。各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、精度の高いアドバイスを受けられるでしょう。

なお、type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉といった都市部を中心に支援しています。そのため、地方で転職活動を行う場合は、全国的に展開しているリクルートエージェントの利用がおすすめです。

求人数
2万1,974件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、メーカー、医療業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質もやや高い
運営会社
株式会社キャリアデザインセンター

ランスタッド

ランスタッドはオランダに本社を持つ転職エージェントで、4,600以上(世界39ヵ国)もの拠点があります。1960年に転職サービスの提供を始めた歴史ある転職エージェントとしても有名です。

世界各国に拠点を持っているということもあり、上場済みのグローバル企業や外資系企業などの求人を豊富に保有しています。

また、ランスタッドが保有している求人の中には、年収1,000万円前後のハイクラス層向け求人もあるため、30代のうちから「キャリアアップ」「年収アップ」を目的に転職活動する人におすすめです。

求人数
6,783件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、Web業界、医療業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報は多くコンテンツの質は普通
運営会社
ランスタッド株式会社

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、「外資系企業」「事業を海外に展開している企業」などの求人を多く保有している転職エージェントです。 外資系企業への転職を目指している人は、先ほど紹介したランスタッドと併用してもよいでしょう。

また、JACリクルートメントは、東証一部に上場している信頼できる企業です。キャリアアドバイザーの質が高く、高年収企業への転職サポートをしてきた実績があるため、ハイクラス層への転職も自信を持って行えます。

求人数
1万5190件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、アプリ業界、医療業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報は多くコンテンツの質もやや高い
運営会社
株式会社ジェイエイシーリクルートメント

エンワールド

エンワールドは、アジア5ヵ国に拠点を持つ転職エージェントです。エンワールドの保有している求人のうち約7割が外資系企業となっています。

求人の質も高く、中にはAmazonやヒューレットパッカードなど、世界をまたにかける大企業の求人も豊富です。

一般的に公開されている求人件数が1,021件と少なく思うかもしれませんが、エージェントに相談することで非公開求人も紹介してくれます。外資系企業への転職で年収アップを狙いたい人はぜひ活用してください。

求人数
1,021件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
製造業界、金融業界、通信業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報は普通でコンテンツの質も普通
運営会社
エンワールド・ジャパン株式会社

【30代向け】転職サイトおすすめ2選

次に、30代におすすめの転職サイトを紹介します。なお、以下で紹介する転職サイトは下記のポイントを軸に厳選しました。

  • 求人の量
  • 取り扱っている業種・職種の範囲
  • 検索のしやすさ
  • サイト内の情報コンテンツの量と質

「自分のペースで転職活動を進めたい」「たくさんの選択肢の中から選びたい」といった人は転職サイトをメインに登録するとよいでしょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、会員数1,000万を超える大手転職サイトです。転職活動をしている求職者のほとんどが利用しているといっても過言ではありません。

IT業界や食品業界を中心に不動産業界、小売業界などの求人も豊富に掲載されています。

また、リクナビNEXTは求人数が多いだけでなく、サイト内コンテンツの質も高いです。

たとえば、「企業が求める経験・スキルランキング」「みんな気になる企業まとめ」など、転職に役立つコンテンツが豊富に掲載されています。30代で転職活動を進める際のヒントにもなるため、求人と合わせて確認しておきましょう。

求人数
6万3,102件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、食品業界、金融業界、小売業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質も高い
運営会社
株式会社リクルート

doda(デューダ)

dodaは、キャリアアドバイザーと転職サイトの2つをサービスとして提供しています。そのため、転職サイトで気になった求人がある旨をキャリアアドバイザーに相談し、選考や面接の対策を一緒に考えることが可能です。

また公開求人はもちろん、非公開求人も豊富に保有しているため、選択肢に困ることはほとんどありません。キャリアアドバイザーを上手く活用できれば、転職活動の期間を大幅に短縮できるでしょう。

ただし、キャリアアドバイザーによるサポートは、原則3カ月間と定められています。そのため、現職と折り合いが付かなさそうな場合は、あらかじめ長引く旨を相談しておきましょう。

求人数
15万7,340件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、サービス業界、医療業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質も高い
運営会社
パーソルキャリア株式会社

【30代向け】スカウトやヘッドハンティングのある転職サービス

30代におすすめのスカウトやヘッドハンティングがある転職サービスを紹介します。

スカウトやヘッドハンティングのある転職サービスを厳選したポイントは下記の通り。

  • 年収アップを目指せるかどうか
  • 書類選考を免除できるかどうか
  • マッチ度の高い求人の紹介を受けられるか

情報とコンテンツの質が高い転職サービスを中心に紹介します。

ix転職

iX転職は、求職者側から企業にアプローチするタイプではなく、ヘッドハンターからのスカウトを待つタイプの転職サービスです。そのため、「そのうち転職活動を始めようと思っている」くらいの温度感でも気軽に利用できます。

また、iX転職は主にハイキャリア層向けの求人を保有しているため、年収アップやキャリアアップを目指している人にもおすすめです。 加えて、dodaを運営するパーソルキャリア株式会社が運営している転職サービスであるため、求人数と実績も持ち合わせています。

求人数
1万2,124件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、自動車業界、電機業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質はやや高い
運営会社
パーソルキャリア株式会社

ビズリーチ

ビズリーチは、年収1,000万円クラスの超ハイクラス層向け求人を保有する転職エージェントです。求人の内容は、管理職が中心となっているため、キャリアアップを実現したい人の利用に向いています。

ビズリーチは他の転職エージェントとは違い、「ヘッドハンター」としての顔も持っているため、直接スカウトを受けることも可能です。

一般的な転職エージェントは、求職者からの相談を受けて求人を紹介します。しかし、ヘッドハンターは、求人の内容にマッチしていると判断した求職者に対して直接スカウトメールを送ります。スカウトの内容によっては書類選考を免除されることもあるため、スムーズに転職活動を進めたい人におすすめです。

求人数
8万1,457件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、サービス業界、金融業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質はやや高い
運営会社
株式会社ビズリーチ

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、年収800~2,000万円のハイクラス層向け求人を扱う転職エージェントです。求人の中には「ソフトバンク」「TOYOTA」「中外製薬」などの大企業も多いため、キャリアアップを実現できる可能性も高いでしょう。

リクルートダイレクトには、専属のヘッドハンターが在籍しており、求職者の代わりに求人を見つけてくれます。求職者が登録時に作成した匿名のレジュメをもとに判断するため、マッチ度もかなり高いです。

また、リクルートダイレクトには「一求入魂スカウト」という独自のサービスもあります。一求入魂スカウトとは、ヘッドハンターが選りすぐった極めてマッチ度の高い求人を求職者に送るシステムです。マッチ度が高いため、普通のスカウトよりも内定獲得率が高く、入社後のミスマッチも起きづらいです。

一求入魂スカウトは登録しておけば無料で受けられるため、気になった人はぜひ利用してみてください。

求人数
12万2,743件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、メーカー、サービス業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質はやや高い
運営会社
株式会社リクルート

【30代女性が転職するなら】おすすめサービス

30代で転職する女性におすすめの転職サービスを紹介します。厳選したポイントは下記の通り。

  • 働きやすさで選べる
  • 女性専門チームがある
  • 女性に選ばれてきた実績がある

「結婚や出産を視野に入れて転職したい」「女性を贔屓しない会社を選びたい」とお考えの人はぜひ参考にしてください。

マイナビエージェント WomanWill(ウーマンウィル)

マイナビAGENTは、業界の最大手「株式会社マイナビ」が運営する転職サービスです。大手が運営していることもあり、ベンチャーから大企業まで幅広く求人が揃っています。

また、マイナビAGENTには女性転職に特化したチームがあるため、女性向けの転職サポートの充実度が非常に高いです。ライフスタイルに合わせて転職活動を進めたい人、相談事がある人は女性に強みのあるサービスに登録しておくのがベターです。

サイト内の情報も多く、コンテンツの質も高いため、これから転職活動をはじめる女性は、ぜひ積極的に利用してみてください。

求人数
4万456件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、金融業界、不動産業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報がやや多くコンテンツの質が高い
運営会社
株式会社マイナビ

LIBZ

LIBZは、掲載している求人の内容に特徴があります。一般的な求人には「給与」「福利厚生」「休日」などしか掲載されていませんが、LIBZの求人には、企業文化や雰囲気が伝わってくるほどに詳細な求人情報を掲載しています。

たとえば、一般的な求人に「女性が活躍している企業です」と掲載されていても、実際どうであるかは入社してみないと分かりません。しかし、LIBZには「男女の比率」「具体的にどう女性が活躍しているか」までが記載されているため参考になりやすいです。

また、LIBZにはリモートワークをはじめとしたフレキシブルな働き方を提唱している企業の求人が多数掲載されています。そのため「子育てと仕事を両立したい」「育児休暇を取得しながらも管理職を目指したい」などの希望条件に合った職場を見つけやすいです。

「どうしても譲れない条件がある」という人は、まずLIBZで求人を探してみるとよいでしょう。

求人数
非公開(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、人材業界、コンサル業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が少なくコンテンツの質はやや高い
運営会社
株式会社リブ

【30代で未経験に転職するなら】おすすめサービス

【30代で未経験に転職するなら】おすすめサービス

30代の未経験者におすすめの転職サービスを紹介します。未経験で転職したい人におすすめするために、厳選したポイントは下記の通りです。

  • 未経験向けのサポートが豊富
  • 未経験でも選択肢が多い
  • 転職サービスに慣れていない人でも活用できる

未経験の人でも安心して利用できる転職サービスのみを紹介していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントを未経験者におすすめする理由は下記の通りです。

  • 求人数が26万5,294件(2022年9月時点)と非常に多い
  • 公開求人に加えて非公開求人も多数保有している
  • 応募書類の添削や面接対策などのサポートが充実している

リクルートエージェントは、業界の最大手ということもあり、何よりも求人数が非常に多いです。求人数が多いということは、それだけ選択肢も多いということなので、未経験者でも理想の求人に出会いやすくなります。

求人数とサポートの質、両面を兼ね備えた転職エージェントであると言えるでしょう。

リクルートエージェント

求人数
26万5,294件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、Web業界、機械・電機業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質が高い
運営会社
株式会社リクルート

doda

dodaを未経験者におすすめする理由は下記の通りです。

  • 公開求人と非公開求人を豊富に保有している
  • 多くの求職者におすすめされてきた実績がある
  • 転職サイトを利用しつつエージェントからサポートを受けられる

dodaは、15万7,340件(2022年9月時点)とリクルートエージェントに匹敵する求人数を誇っています。非公開求人も豊富なため、エージェントに相談することで自分に合った求人をより見つけやすくなるでしょう。

まだ転職サービスに慣れていない人にもおすすめです。

doda(デューダ)

求人数
15万7,340件(2022年9月時点)
取り扱い業種・職種の範囲
IT業界、サービス業界、医療業界など
サイト内の情報コンテンツの量と質
情報が多くコンテンツの質も高い
運営会社
パーソルキャリア株式会社

30代の転職サービスの選び方

30代の転職サービスの選び方

30代で転職サービスを選ぶ際のポイントは下記の通りです。

  • 求人数はどのくらいあるか
  • 転職のサポート内容はどうか
  • 自分のキャリアプランに合った求人が探しやすいか

上記3つのポイントについて以下で解説していきます。

求人数はどのくらいあるか

求人数はどのくらいあるか

転職サービスを選ぶ際は、はじめに求人数をチェックしましょう。求人数が多いと選択肢の幅が広がるためです。

また、合わせて「どの業界・職種に強みを持っている転職サービスなのか」もチェックしておいてください。

まんべんなく色々な求人を保有しているサービスもあれば、一部の業界・業種に特化しているサービスもあるためです。

希望している業界・業種がない場合は、さまざまな求人を保有しているリクルートエージェントのような転職サービスが向いています。

「管理職の求人が多い転職サービスを利用したい」のであれば、ビズリーチのようなハイクラス層向け求人に特化した転職サービスを活用しましょう。

転職のサポート内容はどうか

「選考書類の添削」「面接対策」など、求職者をサポートしてくれるサービスの有無もチェックしておきましょう。

基本的なサポート内容は、どの転職エージェントにもありますが、転職サービスならではのサポートもあります。

たとえば、type転職エージェントは「キャリアアドバイザーの一覧から好きなアドバイザーを指名できる」というサービスがあります。

30代の転職活動は、将来を左右する重要な選択の連続ですから、そのパートナーになるエージェントを自分で選ぶのも一つの手段です。

また、転職サービスによっては、サポート期間が限られているケースもありますので事前にチェックしておきましょう。

自分のキャリアプランに合った求人が探しやすいか

自分のキャリアプランに合った求人が探しやすい転職サービスであるかどうかのチェックも欠かせません。

30代での転職は、20代の転職よりも目的がハッキリとしているケースが多いためです。

転職の目的が明確になっている場合は、目的の求人を探しやすい特化型の転職エージェントを活用しましょう

もし目的が不明確な場合は、求人数が多くさまざまな領域の企業とつながりがある「リクルートエージェント」がおすすめです。

30代の転職活動で意識しておきたい3つのポイント

30代の転職活動で意識しておきたい3つのポイント

30代で転職する際は以下の点をチェックしておきましょう。

  • 企業は即戦力を求めている
  • 資格だけではなく経験が必要
  • 基本的なビジネス基礎力はあって当然

30代の採用に力を入れている企業は、即戦力を求めています。

そのため30代の転職者は「社外からの電話対応」「社内・社外でのプレゼン経験」などのビジネス基礎力があって当然だと思われている傾向が強いです。

また、即戦力を欲している企業は「多くの資格を取得している人材」ではなく「自社で活かせる経験を持つ人材」を求めています。営業職で一例を挙げると、与えられたノルマ以上の数字を上げてきた実績を持つ人材です。

資格保持も加点のポイントにはなりますが、一番大きなポイントになるのは「どんな経験をしてきたか」という点です。そのため、面接では経験をうまく伝えましょう。

経験を売り込むには?面接のコツ

転職経験では、いかにして経験を売り込むかが重要になります。先ほども述べた通り、30代の採用を考えている企業は、経験豊富で即戦力になる人材を求めているためです。

経験を売り込むには?面接のコツ

そのため、面接では前職での実績を具体的に説明する必要があります。たとえば営業職の場合、「ノルマに対しての数字」「他の営業マンと比較した数字」などです。

しかし、同じ業界内で転職する場合は単に実績だけを伝えればよいのですが、業界や業種が違う場合は、採用担当者に伝わらない可能性があります。

その場合は、前職の会社を知らない人が聞いても分かるような数字を事前に用意しましょう。

伝え方としては、前職での実績をExcelなどで月ごとにまとめ、それを資料として採用担当者に説明する方法があります。

ただし、企業によって数字の解釈が異なる場合もあるため、できれば転職エージェントに相談してください。これまでに多くの面接対策を手伝ってきたエージェントであれば、企業ごとに適切な伝え方を教えてくれるでしょう。

30代の転職で気になるQ&A

30代の転職で気になるQ&A

30代での転職に伴い、不安や疑問なども多いかと思います。以下では、30代で転職する人が気になりがちな疑問について解説します。今回解説する疑問は次の通りです。

  • 応募先企業の離職率は意識した方が良い?
  • 転職理由はどう伝えればいい?
  • 転職活動では何社くらい受ければいい?

事前に疑問や不安を解決しておくことで、自信をもって転職活動に望めますよ。

離職率を意識した方が良い?

離職率は意識した方がよいです。しかし、離職率を第一の基準として応募する企業を選択するのは避けましょう。

離職率は、職種や事業形態などにより平均的な数値が異なるためです。

つまり離職率が一般的な数値より高いからといって、必ずしもブラック企業であるとは断定できません

ちなみに、厚生労働省の調査によると、30代男性の離職率は、30~34歳(11.1%)、35~39歳(7.6%。)となっており、女性が30~34歳(15.4%)、35~39歳(10.6%)となっています。

(※)参考:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概況」

20代の離職率(男女平均)が約13%となっているため、30代前半と20代の離職率には大きな差がありません。

しかし、40代以降の離職率は徐々に下がり、男性は4.2%になっています。これは30代を「最後の転職」と考える人が多いということでしょう。

転職理由はどう伝えればいい?

転職理由を説明する際のコツは下記の通りです。

  1. ウソをつかない
  2. 前職の愚痴を言わない
  3. 内容をポジティブに変換する

内容をポジティブに変換するには?と思う人もいるでしょう。

転職理由の場合、「意見が言い出せないくらい人間関係が悪く嫌になった」を「意見を出しやすく、チームで動ける職場で働きたいと思った」と言い換えるなどです。

言っている意味は大きく変わりませんが、言い方次第で印象が変わりますよ

転職活動では何社くらい受ければいい?

dodaの調査によると、転職活動開始から内定獲得までに応募した求人の数は平均19.4社であることが分かっています。

(※)参考:doda「転職成功者の『平均応募者数』」

最初は面接の練習も兼ねて、できるだけ多くの求人に応募した方がよいでしょう。ただし、自分で管理できる範囲で応募する必要があります。

仕事をしながら転職活動を進める人は、転職エージェントを活用することで、スケジュール調査を楽にすることが可能です。ぜひ相談してみてください。

【成功させるには?】転職サービスを使った進め方8STEP

【成功させるには?】転職サービスを使った進め方8STEP

あまり転職経験がない人の場合「転職の流れがイマイチ想像できない」と不安に思うこともあるでしょう。

そこで以下では、30代の転職の進め方を8STEPに分けて紹介していきます。

加えて、転職活動の中でも重要な「面談」「面接」「履歴書」のコツについても解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

STEP1

まずは職務経歴書、履歴書、転職理由などをまとめます。

30代での転職は、自分のスキルや経験をしっかりと把握しておくことが大切であるため、手を抜かずにやっておきましょう。

職務経歴書、履歴書を書くコツ

職務経歴書、履歴書を書く際のコツは下記の通りです。

  • 見やすいレイアウトにする
  • 面接に利用されることを前提に書く
  • 職務経歴書はできるだけ具体的に書く
  • アピールする実績と業務は企業によって変更する
  • 提出前に必ず誤字・脱字をチェックする

効率性を重視したい人は、パソコンで作成しても問題ありません。パソコンで書いた方が全体を整えやすくなるため、文字数が多くても見やすい書類になります。

STEP2

転職エージェント、もしくは転職サイトに登録します。

転職サービスを選ぶ際は、先ほど紹介した「30代の転職サービスの選び方」を参考にしてください。

STEP3

転職エージェントを利用する場合は、エージェントの面談を通してマッチする求人を紹介してもらいます。エージェントと面談する際のコツについては以下で紹介します。

面談のコツ

エージェントと面談する際のコツは下記の通りです。

  • 本音で会話する
  • 複数のエージェントに相談する
  • エージェントとの相性を確かめる
  • 「サポートしてあげたい」と思わせるような対応を心がける

エージェントへの相談は掛け持ちでもOKです。たとえば、リクルートエージェントでたくさんの求人を見つつ、ビズリーチでハイクラス層向けの求人を探し、両社のエージェントに相談しても問題ありません。

リクナビの調査によると、転職サービスの平均利用社数は2~3社だったことが分かっています。選択肢が多いに越したことはありませんから、転職エージェントは複数の活用を心がけましょう。


(※)参考:リクナビNEXT「転職サイト・エージェントはいくつ使った?1社の場合と複数の場合のメリット・デメリットを紹介」

STEP4

転職エージェントとの面談を終えた後は、自分に合った求人を紹介してもらいます。

転職サイトのみを利用する場合は、自分で応募を進めていきましょう。

STEP5

転職サイトのみを利用する場合は、気になる企業に自ら応募します。

転職エージェントを利用する場合は、相談を重ね、エージェントから企業に応募してもらいます。

STEP6

転職サイトから応募した場合は、日程を調整して面接日を決めます。

転職エージェントを利用した場合は、エージェントに日程調整をしてもらいます。

また、転職エージェントの場合は、面接のアドバイスをもらうことが可能です。応募する企業に合わせたアドバイスがもらえるため参考になるでしょう。

STEP7

転職サイトから応募した人は、面接の中で条件や年収の交渉を行います。

転職エージェントを利用した場合は、エージェントが条件や年収の交渉を行ってくれます。

STEP8

内定を獲得したら「転職活動を続けるか」「退職準備を続けるか」のどちらかを選択します。

なお、転職サイトを利用して内定を辞退する場合は、自分から応募先の企業に辞退する旨を伝えましょう。

転職エージェントの場合はエージェントから伝えてくれますが、その際はできるだけ早めに伝えるのがマナーです。

あなたの年収はどのくらい?【30代の平均年収】

あなたの年収はどのくらい?【30代の平均年収】

自分自身の年収を知る方法は主に2つあります。

1つ目は、転職サイトのコンテンツを活用する方法です。これまでの職歴や実績を登録することで自分の市場価値(年収)を把握できます。

2つ目は、転職エージェントに聞く方法です。転職エージェントはさまざまな求職者を見てきていますから、職歴だけで大まかな年収が予測できます。気になる人は転職エージェントに聞いてみるとよいでしょう。

では、全国的な30代の平均年収はどれくらいなのでしょうか。国税庁が行った調査結果を表にまとめました。

平均年収
30代前半男性 513万円
30代前半女性 450万円
30代後半男性 589万円
30代後半女性 499万円

(※)参考:国税庁「1.平均給与」

調査によると、男性・女性ともに30代前半・後半で約50万円の差がありました。

あなたの現在の年収や、応募先の年収と比較してみてください。比較するときは、業種や職種によって差があることはおさえておいてくださいね。

年収を上げたいなら、キャリアアップや年収アップが可能なサービスを選ぶのがおすすめ

年収アップを希望する人は、スカウトサービスやハイクラス層向けの求人情報が多いサービスを利用しましょう。

先ほども紹介した通り、スカウトサービスなら「ⅸ転職サービス」、ハイクラス層向けの求人を狙うなら「ビズリーチ」がおすすめです。

しかし、ハイクラス層向けの求人は数が少ないため、どうしても選択肢が少なくなります。選択肢を少しでも増やしたい場合は「長期的に見て年収が上がりそうな企業」を視野にいれるとよいでしょう。

転職サービス使って効率的に転職しよう

転職サービス使って効率的に転職しよう

30代で転職する場合は、転職サービスを使って効率的に転職しましょう

転職サービスを使うことで、一般には公開されていない求人に出会えます。

転職エージェントを利用すれば、日程調整や求人検索などを行ってくれるため、大幅な時間短縮が可能です。

「そもそも転職するべきか悩んでいる」「何から始めればいいのか分からない」などの疑問がある人も、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

おすすめ編集部
おすすめ編集部では「幸せな体験で、よりよい素敵な今を」をコンセプトに、 楽しくなるお買い物情報やお役に立つさまざまな生活情報などをご紹介しています。